2023/01/17

小学3年生からの英語 教科書の内容や学習時に重要なポイントとは?

 

「小学校の英語が変わる!」

2020年度の新学習指導要領改訂で、上記のような内容を耳にした方も多いのではないでしょうか?

小学3年生から「外国語活動」が始まり、小学5年生からは「外国語」が教科となりました。

では、具体的に何が変わったのか?

教科書の内容や学校の授業はどのようなものなのか?

子どもが英語に苦手意識を持たないようにするにはどうすればいいのか?

そんな疑問を解決します!

 

 

 

もくじ

1.2020年度 新学習指導要領で小学校英語はどう変わった?

2.教科としての「外国語」と「外国語活動」は何が違う?

3.小学3年生 英語の教科書「Let’s Try!」で学ぶこと

4.小学3年生からの英語学習に重要なポイント

5.「小学教科書ワーク 英語」で楽しく英語を学ぼう

6.まとめ

 

<POINT>

 ★「外国語」と「外国語活動」の違い

 ★小学3年生の英語学習はその後の英語学習を左右する!

 ★英語が苦手になる前に早めに予習・復習することが大切!

 

 

2020年度 新学習指導要領で小学校英語はどう変わった?

 

2020年度に小学校の学習指導要領が改訂されました。

学習指導要領に沿って、教科書の改訂や授業内容は大きく変化しました。

その中で特に注目すべきなのは、「英語」です。

新聞やニュースなどで取り上げられて小学校で「英語」が教科化される!

と聞いて驚いた方もいらっしゃったと思います。

では、そんな小学校英語はどのように変わったのでしょうか?

 

小学3年生から「外国語活動」がスタート

今回の学習指導要領の改訂によって、小学校3年生から「外国語活動」が導入されました。

「外国語活動」と聞くと、小学校高学年が取り組んでいる印象が強いかと思います。

「外国語活動」とは、外国語の音声や、基本的な表現に慣れ親しむことを目的としています。

今回の改訂では、小学校中学年では「聞くこと」「話すこと」を中心として外国語に慣れ親しみ、

外国語学習への動機付けを高めることが重視されるようになりました。

 

小学校5年生から英語が「教科」になる

英語が「教科」になったことは、今回の学習指導要領の改訂で一番大きな出来事でした。

小学校5年生からの英語は、「外国語活動」で学習してきた「聞くこと」「話すこと」に加え、

「読むこと」「書くこと」を段階的に学び、さらに中学校での学習に繋げていくことを目的としています。

では、「教科」になるということは、今までの「外国語活動」とは具体的に何が違うのでしょうか?

 

 

教科としての「外国語」と「外国語活動」は何が違う?

先ほどまでにお伝えしてきた通り、新学習指導要領では、

小学5年生・6年生は「外国語」(英語)を

小学3年生・4年生は「外国語活動」をそれぞれ授業で扱うこととなりました。

「外国語」と「外国語活動」の違いを大まかにまとめると、以下の3つの点が挙げられます。

 

・授業内容

・授業時間数

・評価方法

 

それぞれ詳細に見ていきましょう。

 

授業内容の違い 

それぞれの授業内容は以下の通りです。

「外国語活動」

・実際に英語を使用し、コミュニケーション能力を高める学習を中心に行う。

「外国語」

・「聞くこと」「話すこと」に加え、「読むこと」「書くこと」を段階的に学び、中学校への学習に繋げていくことを行う。

 

つまり、3年生・4年生では英語を使用したコミュニケーション能力を中心とした学習を行い、

5年生・6年生では中学校への学習と繋がるような、より実践的な読み書き中心の学習を行います。

 

授業時間数の違い  

それぞれの授業時間数を下記にまとめました。

 

「外国語活動」 年間35コマ

「外国語」   年間70コマ

 

授業時間数は、「外国語活動」が年間35コマだったのに対し、「外国語」では2倍の年間70コマ。

つまり、「外国語」では約週2回英語の授業が行われることとなります。

 

評価方法の違い 

「外国語活動」「外国語」ともに、下記の3つの観点に沿って評価を行います。

 

・「知識・技能」

・「思考・判断・表現」

・「主体的に学習に取り組む態度」

 

「外国語活動」と「外国語」の評価方法の大きな違いは、テストや3段階評価などの数値による評価を行うかどうかになります。

「外国語活動」では、児童の授業の様子から、上記の3つの観点をもとに、文章の記述によって評価を行います。

それに対して「外国語」では、3つの観点をテストにより数値化し、「国語」や「算数」のように「教科」として3段階評価を行います。

 

 

 

小学3年生 英語の教科書「Let’s Try!」で学ぶこと

先ほどから述べてきたように、3年生・4年生の「外国語活動」は、「聞く・話す」ことに重点を置いています。

そのためレクレーション活動が中心であり、英語を「読む・書く」ことはほぼありません。

では、学校ではどのような教材を使用しているのでしょうか?

ここでは、小学3年生・4年生の英語の教科書「Let’s Try!」を中心に見ていきましょう。

「Let’s Try!」は〈1〉と〈2〉があり、小3で「Let’s Try! 〈1〉」、小4で「Let’s Try!〈2〉」を使用します。

 

コミュニケーションや国際理解が中心       

Let’s Try!では、〈1〉〈2〉ともにUnit1は「あいさつ」から始まり、コミュニケーションを取ることを重視した構成で展開しています。

また、世界をテーマにした話題が出てきます。世界を知り、日本との違いを学び、国際理解を促すことを中心とされています。

コミュニケーションや国際理解のためには、まず相手の話を「聞いて理解する」ことが必要です。

そのため、授業内容も、「聞く」活動を重視しています。

 

歌やゲームなどレクリエーションが多い

Let’s Try!では、英語で歌ったり、ゲームなどのリクリエーションを通して、英語に親しむ内容が中心です。

授業では「友達に○○を聞いて書く」「あなたと同じ〇〇が好きな友だちを探そう」など、

自由に動き回り、決まったフレーズで聞き合うというものが多いです。

また「Let’s Chant」「Let’s Sing」のように、単元で扱う単語やフレーズを、リズムに合わせて復唱したり、

CDや教師に合わせて、単元に関連した英語の歌を歌ったりする活動も組み込まれています。

 

自己紹介やインタビューで実践                                       

「聞く」活動や歌やゲームなどで「話す」活動を応用して、Let’s Try!の「Let’s Play」「Activity」では、

英語で自分の好きなものや嫌いなものなどを絵や言葉で表現する自己紹介や、相手に対して質問するインタビューなどの活動をさせます。

ここでも、英語を使用して楽しみながら、相手とコミュニケーションを取ることを重視しています。

 

 

小学3年生からの英語学習に重要なポイント

 

「外国語活動」の授業の内容はなんとなくわかったけど、「聞く」「話す」中心なら、授業以外の学習は必要ない?

…そんなことはありません!小学3年生からの英語学習はこれからの英語学習の基盤になると言っても過言ではありません。

ここでは、英語学習の際の重要なポイントを下記にまとめました。

                                         

リスニングを中心に予習をする 

前述してきた通り、小学3年生・4年生では「聞くこと」「話すこと」が中心です。

そのため、まずは「外国語活動」に向けて、リスニングを中心とした予習がおすすめです。

英単語は、3年生で約80語、4年生で約160語を学習します。

特に4年生からは「文房具・曜日・時刻」など、聞きなれない新しい英単語が扱われるため、

まずはこれらの単語を聞いて意味がわかるよう、学習しましょう。

また、あいさつや好きなものを尋ねる基本的な表現も確認しておきましょう。

 

高学年に向けた家庭学習を始める        

英語に慣れ親しませる授業を中心とした「外国語活動」ですが、この時点で英語に苦手意識をもってしまうと、5年生からの「外国語」や中学校以降の英語学習にも影響がでてしまいます。

小学3年生からの英語学習につまずくことがないよう、ご家庭での先取り学習をおすすめします。

先取り学習をしておけば、学校で自信を持って楽しく「外国語活動」に取り組むことができるでしょう。

 

評価がないため実力が測りにくい点に注意           

教科としての「外国語」と「外国語活動」は何が違う?でお伝えしたように、

「外国語活動」は数値で測る評価はありません。

テストや3段階評価がないということは、実力を測る機会もないということです。

そのため、学校の授業を受けているだけでは、何が苦手で、何が得意かを理解することは難しいです。

少しのつまずきが大きな苦手意識に広がらないうちに、教科書以外の問題集を通して自分の実力を知っておくことが大切です。

 

 

「小学教科書ワーク 英語」で楽しく英語を学ぼう

 

学校の教科書に沿った内容で予習もばっちり     

教科書ワークは、「教科書準拠」の教材です。

一般の問題集と異なり、もくじや単元配列が教科書と同じなので、

勉強がしやすく、学校の授業進度に合わせて予習・復習をすることができます。

「教科書準拠」については「教科書準拠の問題集とは?授業の予習・復習&定期テスト対策に最適!」で詳しく解説しています。

「教科書ワーク 英語」は3学年・4学年では「外国語活動」に対応し、5学年からは各教科書に対応した教材を発刊しています。

どの学年も、オールカラーで分かりやすく、楽しくご家庭で学習することができます。

 

 

「実力判定テスト」で習熟度をチェック     

「小学教科書ワーク 英語」は、下記のような4段階構成で、無理なく確実に力をつけていくことができます。

 

1.語句や表現を身に着ける「基本のワーク」

2.語句や表現を書いて覚える「書いて練習のワーク」

3.リスニング問題で確認する「聞いて練習のワーク」

4.筆記テストで定着度をはかる「まとめのテスト」

 

「聞いて練習のワーク」と「まとめのテスト」では、「きほんのワーク」で学習したことをリスニング問題や筆記問題で確認することができます。

また、付属の「実力判定テスト」では「夏休み」「冬休み」「学年末」の学期末に、単元をまたいで実力をはかれます。

つまずいたところは、「きほんのワーク」に戻って再度確認。新学期までに苦手を克服することができます。

 

発音練習やリスニング練習もできる                

「教科書ワーク 英語」はふろくも充実しています。

具体的には、以下のようなふろくをご用意しています。

 

 

「音声配信 onhai」では、スマホやPCで手軽に本冊のリスニング問題を聞くことができます。

また、「音声ダウンロード 英語リスニング」ではPCでリスニング音声をダウンロードすることができます。

本冊の音声は上記の2つで聞きたいタイミングに好きなだけ確認することができます。

また、リスニングだけでなく、「文理のはつおん上達アプリ おん達」を使えば、

「チャレンジ! スピーキング」と英語カードの内容の発音練習ができます。

発音はAIが採点するので、正しい発音ができているか確認もできます。

 

 

まとめ

 

注目度の高い小学校の英語学習。

不安に思われる方も多いと思います。

ただ、文理の「小学教科書ワーク 英語」があれば大丈夫!

家庭学習で予習・復習をしつつ、楽しく英語を学んでいきましょう。

 

 

 

記事一覧

関連記事

【新学期限定】文理の「小学教科書ワーク4科目セット」発売!「地球の歩き方」とのコラボ付録や、豪華キャンペーンも!

年長のみなさん、この春から小学1年生ですね! 小学生のみなさんは、この春から1つ進級して、お兄さん・お姉さんになりますね!勉強も、遊びも全力でがんばりましょう。そんなみなさんにお届けしたいのが、『小学教科書ワーク4科目セット』です!       小学教科書ワーク4科目セットとは?   「教科書ワーク」は、教科書に沿って学べる「教科書準拠」の学習参考書!1981年から現在まで愛されている文理のロングセラー商品です。 「小学生教科書ワーク4科目セット」は、教科書ワークが4冊まとまったお得なセット! 4冊分の価格で、楽しく学べる豪華特典がついています。2023年度は、特典を大きくリニューアル!よりパワーアップしたセットになりました!1年間の家庭学習を幅広くサポートします。 教科書ワーク4冊  1年・2年・・・国語・算数・漢字・数と計算 3年~6年・・・国語・算数・理科・社会 ※一部地域によって異なる場合がございます。   セット限定の三大特典  ≪1≫ 地球の歩き方コラボ!「世界のあいさつと国旗カード」がついてくる ≪2≫ 発音アプリ体験版つき!「わくわく英語ドリル」がついてくる ≪3≫ セット購入者限定!プレゼントキャンペーンに応募できる ★収納にも便利なケース入り!           付録その1 「地球の歩き方」コラボ!世界のあいさつと国旗カード 旅行ガイドブック「地球の歩き方」とコラボした国旗カード! 組み立てて使うパッケージは「地球の歩き方」そっくり! 表紙イラストも描きおろしです。     とは……株式会社地球の歩き方が発行している、海外・国内の旅行ガイドブック。1979年の創刊以来、160以上の国・地域を網羅する。「地球の歩き方」公式サイト     表面は国旗で、裏面は国名やその国のあいさつ、「ものしりまめちしき」になっています!「ものしりまめちしき」は、「地球の歩き方」に掲載されている情報から厳選!みんなが知らない世界のまめちしきを読み込んで、国旗はかせになろう!     国旗を見て国名を答えたり、「ものしりまめちしき」を覚えたりと学習に活用することはもちろん、かるた遊びやクイズ遊びなど、使い方は無限大!2組あれば、片方を読み札に、片方を取り札にしてかるたが遊べます!         付録その2 発音アプリを体験できる!わくわく英語ドリル アルファベットから会話練習まで取り組める、学年別の英語ドリルです。 全48ページで、パズルや点つなぎなど楽しみながら取り組めるページも豊富。 さらに、英語音声つき!発音を確認しながら取り組めます! この一冊で、英語入門はかんぺき!!         3か月限定で文理のはつおん上達アプリ「おん達」を体験できます!   とは「小学教科書ワーク 英語」の付録アプリ。ネイティブのお手本を聞き、アプリに向かって発音すると、AIが発音を採点!         豪華キャンペーンの賞品は、5教科の力を伸ばす「体験型の学び」! 「小学教科書ワーク4科目セット」をご購入いただいた方の中から、 抽選で総計135名様にプレゼントします!   プレゼントの内容 社会コース 5名様 HIS旅行券 50,000円分 理科コース 10名様 天体望遠鏡 英語コース 10名様 TOKYO GLOBAL GATEWAY夏休みイベント親子ペアチケット Summer Special(仮称)「20以上の英語プログラムを受け放題!」 2023年8月20日(日)/ 27日(日)10時~17時 算数コース 10名様 アナログゲーム詰め合わせ 国語コース 100名様 図書カードNEXT 1,000円分    応募方法 STEP1 「小学教科書ワーク4科目セット」を購入。STEP2 セット内の二次元コードを読み取り、キャンペーンサイトへ。STEP3 必要事項と希望のコースを入力。   注意事項 ※応募にはGakkenID への登録が必要です。※応募は1商品につき1 回のみ有効です。重複してご応募された分は無効とさせていただきます。※賞品の発送は日本国内にかぎらせていただきます。※応募の際にかかる通信料等は応募者様のご負担となります。   応募締切 2023年5月31日(水)23:59   「小学教科書ワーク4科目セット」をおさらい! 教科書ワーク4冊が一緒になった新学期だけのお得なセット ~セット限定特典~1)「世界のあいさつと国旗カード」2)「わくわく英語ドリル」3)プレゼントキャンペーン 価格:5,456円(本体4960円+税10%)販売方法:書店にて販売販売店:全国の書店  ※ネット書店では販売しておりません。     さあ、書店へGO! セットは書店にて順次販売を開始しております。文理のTwitterやInstagramでも、セットの内容について紹介していきます!「#教科書ワーク」 で、購入のご報告や活用の様子などをシェアしていただけたら嬉しいです!  

教科書準拠の問題集とは?授業の予習・復習&定期テスト対策に最適!

「教科書準拠」という言葉を聞いたことがありますか。 この「なるほど!Bunri-LOG」を普段読んでくださっている方は、 なんとなく見覚えがあるかもしれません。   「教科書準拠」、それは簡単に言うと「教科書に沿っている」ということです。 そして教科書に沿った問題集は、家庭学習用にとてもおすすめです! 今日は、教科書準拠版と標準版の問題集の違いや、 教科書準拠版を使用するメリットをお送りします。     目次 「教科書準拠版」と「標準版」の問題集は何が違う?   「教科書準拠」の問題集を使用するメリット   「教科書準拠」の問題集を購入する際の注意点   教科書準拠の問題集を購入するには?   小学生向け|教科書準拠のおすすめ問題集2選   中学生向け|教科書準拠のおすすめ問題集2選   「教科書ガイド」は小・中・高対応の教科書準拠参考書   まとめ     POINT ★教科書準拠版の問題集は学校で使う教科書の内容に沿った内容になっている。 ★教科書準拠版の問題集は授業に合わせた日々の学習やテスト対策におすすめ ★教科書準拠版を購入するときには対応する教科書会社や、改訂のタイミングに注意     「教科書準拠版」と「標準版」の問題集は何が違う? 市販の問題集は、大きく「教科書準拠版」と、それ以外の「標準版」の2つに分けることができます。 教科書準拠版「中学教科書ワーク」と、標準版「完全攻略」の、「社会歴史」を並べてみました。 何が違うでしょうか。     一見同じに見える左の4冊、表紙の上部に注目すると… すべて、違う教科書会社名・教科書名が書かれています。   教科書はいくつかの教科書会社から発行されており、それぞれ「身につけたい力」は同じですが、過程が異なります。   教科書準拠版は、それぞれの教科書に対応したものが作成されています。   これが教科書準拠版と標準版のちがいです。     「教科書準拠」の問題集を使用するメリット 学校の授業に合わせた学習ができる 教科書準拠問題集は、単元の分け方やタイトルも教科書と同じになっています。 さらに対応する教科書ページも明記されています。   ▼目次を見ると、教科書と同じ単元名が並び、教科書ページも記載されている。 そのため、取り組むべきページを自分で探して判断する必要がなく、 授業で習った範囲に合わせて家庭学習をするのにとても便利です。 扱う題材も同じなので、習っていない用語が出てきて混乱することもありません。            教科書の内容をより深く理解できる 教科書の内容を題材にしたうえで、基本から少し応用まで、様々な問題が掲載されています。 それぞれの解説や解き方・考え方がわかりやすくまとめられているため、 「教科書を読んで理解する」の一歩先の理解をすることができます。 教科書内容をしっかり押さえておくことで、授業の受けやすさも変わってきます。   授業で分かりにくかったところに対して、 先生とはまた違った視点からのアプローチができるのもポイントです。     要点を押さえながら基礎から学べる 教科書準拠問題集は、基礎レベルの要点の確認から、定着のための練習問題、 すこし応用を効かせた確認問題へと、教科書の範囲内かつ段階的に力を伸ばせる構成になっています。 どんな問題に取り組むにしても、まずは教科書の範囲内の理解が大切です。 「標準版の問題集を買ってみたけど、レベルが高いかも……」と思ったときには、 まず教科書準拠問題集で教科書の内容をしっかり身につけるのがおすすめです。     予習や復習、定期テストに向けた勉強ができる 教科書の内容とリンクしているということは「次の授業でやる内容を予習」したり、 「今日やった授業内容を復習」したりするのにも適しています。   また、教科書ページで範囲を指定されることの多い定期テスト対策にももちろんおすすめです。 問題集の中にも、予想問題など定期テスト対策用のページがついていますし、 定期テスト対策に特化したシリーズもあります。 また、ミニブックやカードなど、定期テスト対策に役に立つ付録も豊富です。     「教科書準拠」の問題集を購入する際の注意点 ここまで紹介してきたように、教科書準拠問題集はとても便利です。 しかし、教科書に細かく対応しているからこそ、 購入時に気を付けなければならないポイントが2つあります。   教科書の出版社を教科ごとに確認する 購入する際に最も重要なのは、「自分がどの教科書を使用しているのか」です。 教科ごとにも異なるので、必ず教科ごとに、自分の使っている教科書の教科書会社と、 問題集の表紙に書いてある教科書会社名が一致することを確かめてから購入してください。 出先で教科書の確認ができない……教科書を見てもよくわからない…… そういうときは、文理HPで提供している「採択教科書サーチ」をご利用ください! 自分の学校・学年を入力することで、買うべき教科書準拠問題集の種類を調べることができます。   教科書の改訂がないか確認する 教科書は、数年おきに改訂を行います。 改訂により教科書の内容が変更になると、教科書準拠問題集も合わせて内容を変更するため、 教科書が改訂される年度については、教科書準拠問題集も新版を入手するようにお気を付けください。 教科書準拠問題集の購入ページでは、どの年度からの教科書に対応しているかをご案内しています。 ★次回改訂は小学校=2024年春 中学校=2025年春になります。       教科書準拠の問題集を購入するには? 教科書は購入できる場所が限られていますが、 教科書準拠の問題集は、書店やネットで気軽に購入することができます。 書店では、「教科書準拠」というコーナーが独立して存在することが多く、 基本的に周辺地域で採択率が高い教科書に対応したものが置かれています。     小学生向け|教科書準拠のおすすめ問題集2選 小学教科書ワーク   小学教科書ワークは教科書準拠のロングセラーシリーズです。 「基本のワーク」「練習のワーク」「まとめテスト」と3段階の構成で、 基礎から応用に向かって順番に学べます。 家庭学習に役立つ付録が充実しているのもポイントのひとつ。 ポスターやカード、練習ノートなど、家庭学習であると役に立つツールがそろっています。   英語の教科書ワークは7つ全ての教科書会社に対応! 発音アプリ「おん達」で、家庭学習でフォローしにくいスピーキングもしっかり練習できます。   1冊買えば、1年間充実した家庭学習ができる、お得な商品です。 春には新学期限定の特典つき4冊セットが書店店頭で販売されます。     小学教科書ドリル   コンパクトなA5サイズで、1回あたり10分という短時間で取り組めます。 毎日の学習習慣をつけたいときにちょうど良いドリルです。   こちらは、学習の基礎となる国語・算数については、特定の教科書の内容に合わせて作成された教科書準拠品となっています。 他の教科・分野は、全教科書対応版です。 全ての教科書を研究したうえで、どの教科書を使用していても利用しやすいように制作されています。   小学教科書ワークと一緒に利用するのもおすすめです。     中学生向け|教科書準拠のおすすめ問題集2選 中学教科書ワーク 要点の確認→連取問題→確認テストの3段階構成。 基礎から応用へ段階を追って勉強できます。 学校の授業に合わせて、毎日の予習・復習からテスト対策まで対応できる1冊です。 オールカラーで、図や写真も豊富! 理科・社会の資料を使った問題の対策もばっちりです。   また、カードやミニブック、3択問題で反復できるスマホアプリなどの付録つきで、 忙しい中学生のスキマ時間活用に役立ちます。 5教科だけでなく実技4教科もあり、内申点対策もしっかりサポート!     中間・期末の攻略本   中間・期末の攻略本は、定期テスト対策に特化した教科書準拠問題集です。 テスト範囲だけに焦点を当て、集中学習することができます。 テストに出る!に絞った要点や予想問題で、短期間でも最低限必要なポイントをおさえられます。 直前にうれしい暗記ブックと赤シート付き!   毎日の学習には「教科書ガイド」や「教科書ワーク」を利用しながら、 定期テスト前には「中間・期末の攻略本」を使いましょう!     「教科書ガイド」は小・中・高対応の教科書準拠参考書 教科書ガイドは、教科書の内容をより詳しく知ることができる参考書です。 教科書に掲載されている問題の解答や、英文の和訳などがズバリ書いてあり、 どのように考えればいいのか、解説も示されています。 教科書本体には解答しか載っていなかったり、授業内でしか答えがわからないことも多い内容を しっかりサポートしてくれる教科書ガイドは、授業の予習・復習の強い味方であり、 テスト対策でも大きな力を発揮するシリーズです。 教科書の理解を助ける補足知識も充実しています。   まとめ 教科書準拠版は教科書の内容に沿っていて、学校の授業に合わせて勉強するのに適しています。 標準版を使っていて、授業の内容と違って混乱する部分があったり、どのページを勉強すればいいのかがわかりにくい場合は、ぜひ「教科書準拠」の問題集を探してみてください。 付録もたくさんついていて、お買い得です!   文理の教科書準拠版については、以下からチェック! ↓ 小学教科書ワーク   小学教科書ドリル   小学教科書ガイド   中学教科書ワーク   中間・期末の攻略本   中学教科書ガイド   高校教科書ガイド

小学校1年生から問題集に取り組もう!家庭学習におすすめの問題集4選

まだまだ冬の寒さが続きますね! 一方で、書店では新学期向けの問題集が並び始め、少しずつ春への準備が始まっているようです。 今度の春から小学生になるお子さまをお持ちのみなさんの中には、 家庭学習にはどう取り組めばいいのか、何か問題集を買った方がいいのか、 迷われている方もいるのではないでしょうか。   本日は、小学1年生から問題集に取り組むメリットや、おすすめの問題集を紹介します。   目次 小学1年生から問題集は必要?   小学1年生から問題集を使用する際の注意点   小学1年生に適した問題集の選び方   祝入学!初めての問題集なら「教科書ワーク」がおすすめ   小学1年生から使える!おすすめ問題集3選   まとめ   POINT ★小学1年生のうちに「勉強の楽しさ」と「学習習慣」を身につけておこう ★問題集は、レベルにあった無理のないもの・本人が楽しめるものを選ぶ ★最初の1冊には教科書準拠の問題集がおすすめ     小学1年生から問題集は必要? 小学1年生は今後の「勉強の土台」になる 小学1年生の段階で勉強に苦手意識を持ってしまうと、「自分は勉強が苦手だ」という気持ちが根付いてしまう恐れがあります。 一度その意識になると、2年生、3年生、そしてそれ以降の勉強にマイナスの影響が出てしまいかねません。 逆に、「勉強は楽しい」という意識がもてれば、その後の勉強にも前向きに取り組みやすいです。 勉強を楽しく感じるためには「学校の授業を理解できる」という実感をもてるかどうかが重要です。   家庭学習も1年生から始めると習慣化しやすい 家庭学習は、習慣づけることが大切です。 毎日少しでも机に向かうことが習慣になっていれば、宿題への取り組みや、これからのテスト勉強・受験勉強に対する抵抗感を軽くすることができます。 家庭学習の習慣化は、勉強へのやる気が高い小学1年生のうちに始めるのがおすすめです!   小学1年生から問題集を使用する際の注意点 スケジュールを決める 家庭学習の習慣化させるためには、まず「勉強する時間」を決めることが大切です。 たとえば「朝食前」「学校から帰って遊びに行く前」「夕食前」など、毎日の行動と紐づけて設定しましょう。 また、「1日に○ページやる」といったルールも最初に決めておくとよいでしょう。   継続できる時間から始める 小学1年生はまだ長時間の勉強には慣れておらず、10~15分程度で集中が切れてしまいます。 毎日取り組むことが大切なので、一日の学習時間は無理のない範囲で設定しましょう。 時間があり、もう少し取り組みたいというときは休憩をはさむのがおすすめです。   強要しすぎない 子どものレベルに合っていない内容や時間を強要してしまうと、かえって勉強嫌いになるリスクがあります。 先述の通り、小学1年生の段階で重要なのは、「勉強は楽しい」という意識を持ってもらうことです。 あまり前のめりになりすぎないように注意し、お子さまの様子を見ながら学習を進めるようにしましょう。 楽しく取り組める工夫をする 勉強を楽しむためには、内容を理解する以外にも、勉強すること自体を楽しむ工夫をすることも重要です。「ゲーム形式で学ぶ」「学習した日はシールを貼って可視化する」など、親目線でも負担にならない範囲での工夫をしてみましょう。 好きなモチーフの問題集をえらぶことも一つの手段です。 楽しく取り組むための付録をつけたり、問題集側でも色々と工夫をしていますので、ぜひ付録までチェックしてみてください。     小学1年生に適した問題集の選び方 学校の教科書に合わせて選ぶ 小学生の学習においては教科書の内容を理解することが重要になってきます。 そこで「教科書準拠」の問題集がおすすめです。 教科書の目次に合わせた構成で、教科書で用いられる用語や事例を基に問題が作られているため、学校の授業に合わせて使用するのに適しています。 住んでいる地域や学校によって教科書は異なるため、子どもが使っている教科書に合わせて問題集を選びましょう。   子どもの理解度に合わせて選ぶ 子どもによって、理解度や得意科目・苦手科目は異なってきます。 入学してすぐには見えづらいですが、様子を見ながら、お子さまの理解度に合わせた問題集を選んでいきましょう。 科目別でなく分野別に出ているものあるので、苦手分野が見えてきたらその分野の問題集に取り組んでみるのもよいかもしれません。 逆に、得意科目が出てきたら少し発展的な内容のものを試してみると得意が伸びるかもしれません。 書店には様々なレベル・タイプの問題集が並んでいるので、お子さま自身とも相談しながら探してみてください。   毎日続けられるものを選ぶ はじめのうちは、「毎日継続すること」が一番の目標です。 短い時間で取り組めるものや、一問一答など達成感が得られやすいものなどがおすすめです。 「取り組んだページにシールを貼る」「取り組んだ日を書く表がついている」「一枚ずつ切り取って使える」など、 モチベーションを維持するための工夫がされている問題集も多いので、色々と見比べてみてください。   問題集は子どもと一緒に選ぼう 問題集によって、「イラストや図の量」「フルカラーか2色印刷か」など、レイアウトにちがいがあります。 内容も大切ですが、毎日取り組むものですから、何よりも本人が気に入る紙面であることが一番重要です。問題集を選ぶ際は子どもの意見を聞きながら、一緒に選ぶことをおすすめします。 「自分で選んだ」ということが、やる気やモチベーションにもつながるでしょう。     祝入学!初めての問題集なら「教科書ワーク」がおすすめ 小学教科書ワークは、教科書に沿って作られた教科書準拠の学習参考書です。授業に合わせて、基本から応用までしっかり学習できるように作られているため、 まだ苦手な分野がなく、満遍なく学習しておきたい入学したての時期には特におすすめです。   楽しく見やすいオールカラー オールカラーで図や要点が見やすいのはもちろん、楽しい気持ちで勉強に取り組むことができます。 かわいいキャラクターもたくさん!   3ステップで基礎から段階的に学べる 小学教科書ワークは「基本のワーク」「練習のワーク」「まとめのテスト」と3段階の構成になっているのが特徴です。 ★「基本のワーク」では、穴埋めやなぞり書きをしながら教科書の要点を学びます。 ★「練習のワーク」で基礎的な問題に取り組み、知識を定着させます。 ★「まとめのテスト」では、時間を図り、応用問題も含めた確認テストに取り組みます。 1冊の中で基礎から応用に向かって順番に学べるため、効率的に知識を定着させることができます。 簡単な問題から取り組んで成功体験を積むことで、学習に対するモチベーション維持にもつながります。   付録がたっぷりでお得 付録があると楽しく学習を進められるため、子どものやる気につながります。 小学教科書ワークの付録は以下の通り。 本の中に、ポスターや模擬テスト、小冊子など、さまざまな役立つツールが入っています。   【全教科共通 ※主要5教科】 ・わくわくポスター ・実力判定テスト(学校のテストと同じサイズ!) ・ホームページテスト ・わくわくシール   【教科別】 ・国語:漢字練習ノート ・算数:計算練習ノート ・理科:理科カード、実験・観察動画 ・社会:社会カード、白地図ノート(4~6年生) ・英語:英語練習ノート、英語カード、音声配信「onhai」、音声ダウンロード「英語リスニング」、文理のはつおん上達アプリ「おん達」     毎年新学期には特典つきの4冊セットが登場 毎年新学期には、小学教科書ワークの4科目セットが販売されます。 教科書ワーク4冊にセット限定の特別付録がついて、値段は教科書ワーク4冊分のまま! この時期にしか買えない、お得なセットです。 2023年度の小学教科書ワーク4科目セットは、全国の書店で順次販売を開始しています。 ↓くわしくはこちらのページもチェックしてみてください!↓     小学1年生から使える!おすすめ問題集3選 小学教科書ドリル   教科書ドリルは、コンパクトなA5サイズで、1回あたり10分で問題が解ける構成になっています。 教科書レベルの問題に毎日少しずつ取り組むことができるため、学習習慣をつけるのにおすすめです。   国語・算数は、教科書ごとの内容に合わせて発行されています。 それ以外の分野・教科は「全教科書対応版」で、どの教科書を使っていても違和感少なく取り組めるようにつくられています。     できるがふえるドリル   「できるがふえるドリル」は、B5サイズのドリルです。 挿し絵が大きめに入っていたり、ポイント解説や豆知識などが豊富に入った楽しい紙面になっています。 楽しく勉強を進めたいときにおすすめです。 また、ドリルのページは1枚ずつはぎ取れる仕様になっています。 1枚ずつに分かれることで今日やるべき範囲が一目で分かるため、達成感が得やすく、 勉強に対するモチベーションを維持することができます。     全科まとめて 全科まとめては、1冊に全教科の1年間の単元が入ったドリルです。 単元が終わった段階で使ったり、長期休みに前の学期の分にまとめて取り組んだり、 復習として使うのがおすすめです。 1回分はA41枚で切り取って使えるため、達成感を得ながら無理なく進めていくことができます。   各ページの裏面にはフリースペースとメッセージ欄つきで、より学習を深めたり、 親子でコミュニケーションをとるのに役立ちます。   まとめ 勉強に対してもわくわくがいっぱいの小学1年生。 その時期に大切なのは何よりも、「勉強って楽しいな」という気持ちをもつことです。 授業が理解できる・理解できるから楽しい・毎日少しずつ取り組もう 市販の問題集は、そんな意識になってもらえるような工夫をたくさんしています。 無理のない範囲で、親子ともに楽しく取り組める問題集を、ぜひ探してみてください!