2022/09/02

防災週間に、家庭でできる災害への備えを考えよう!

8/30~9/5は防災週間です。

地震をはじめとする災害は、いつどこで起こってもおかしくはありません。

少しでも被害を抑えるためには、日ごろからの災害対策が大切になってきます。

 

年に1度の防災週間、自分の災害対策を振りかえり、アップデートしておきましょう!

 

 

目次

1. 家の中でできる対策は?

 

2. 防災グッズは足りている?

 

3. 地震のときの行動は?

 

4. 家族とはどう連絡をとる?

 

5. 実際に被災された方の体験談を読もう

 

 

1.家の中でできる対策は?

まずは家の中を見渡して、災害のときに危ないポイントがないかを

確認してみましょう。

 

家具の固定

普段は重くて動きそうにないものの、地震のときには倒れてくる恐れがあります。

棚やテレビなどの大きな家具は、専用の器具などで、壁に固定しておきましょう。

食器棚の扉が開かないように金具を固定する、なども考えましょう。

 

家具の配置

寝室や子ども部屋、部屋の出入り口付近には、背の高い倒れやすい家具は置かない方が安全です。

また、電子レンジなど重量のある家電は低めの位置に置くなど工夫しましょう。

家の中に家具をおかない安全なスペースを確保しておくと、

地震が起こった時にまずそこに逃げることもできます。

 

窓の周り

窓ガラスに飛散防止フィルムを張る、

カーテンを防火加工の施してあるものに変える、などの対策ができます。

 

 

防災グッズは足りている?

非常用持ち出し袋の中身は、定期的に見直すことが重要です。

防災週間をその目安にするといいかもしれません。

 

生きるために必要なもの

 

飲料水

生きていくうえでもっとも大事になります。

1人あたり1日3L、最低3日分は備えましょう。

 

食料

缶詰・乾パン・レトルト食品など、保存がきき、調理が簡単なものを備えておきましょう。

普段から多めにストックしておき、使ったら補充するようにするといいかもしれません。

用意している!という人も、消費期限が大丈夫かどうかのチェックを忘れずに!

 

(参考:https://www.maff.go.jp/j/zyukyu/anpo/pdf/gaido_160511_1.pdf

 

 

安全を確保するために必要なもの

 

懐中電灯など、明かりがつくもの

 

防災頭巾やヘルメット

 

軍手

 

あるきやすい靴

 

 

情報を得るために必要なもの

 

けいたいラジオ

災害の状況を確認できるよう、

手回しで充電ができるタイプだと、電池がなくても使えます。

電池タイプを備えている場合は、電池が古くなっていないかの確認も大切です。

 

モバイルバッテリー

 

 

健康にすごすために必要なもの

 

常備薬

 

救急セット

 

衣服・タオル類

 

 

貴重品も、持ち出しやすいところにまとめておくと安心ですね。

ここで紹介しているのはあくまで基本的なものです。

災害が起こった時にどんなことが起こるのか?を想像して、用意してみましょう。

 

3. 地震のときの行動は?

家にいて地震が起こったときはどのように行動すればいいのか?

少しでも冷静に動けるように、シミュレーションしておきましょう。

 

机の下にかくれる

地震が来たときは、家具がたおれたり物が落ちてきたりするおそれがあります。

揺れが収まるまで、丈夫な机の下などにはいり、身を守りましょう。

 

火は無理に消しにいかない

地震発生時にコンロの火などがついていた場合、

無理に消しにいかず、離れた場所で揺れが収まるのを待ちましょう。

 

出口を確保する

揺れが収まったら、窓や家のドアを開けて、避難経路を確保しましょう。

 

情報を確認する

テレビやラジオなどで災害の状況を確認します。

SNSでは、誤った情報が拡散されがちです。

噂に惑わされず、公的機関からの正確な情報を把握するようにしましょう。

 

避難所へ避難する

避難勧告があった場合や、身の危険を感じた場合は避難所へ。

家を出るときには電気のブレーカーを落とし、ガスの元栓を閉めましょう。

 

 

4. 家族とはどう連絡をとる?

災害が起きた時には、いつものように連絡がとれるかわかりません。

あらかじめ、どうやって連絡をとりあうかを家族で話し合っておきましょう。

 

避難先の確認をしておく

家族がバラバラの場所で被災したとき、

家に戻るのか、避難所に行くのか、どこの避難所に行くのか、を確認しましょう。

 

以下のサービスを確認しておく

電話がつながらず、決めていた場所へも行けない…そのような時に使えるサービスがあります。

 

災害用伝言ダイヤル

伝言をしたいとき、「171」に電話をかけると、伝言を録音することができます。

このとき自分の電話番号も一緒に入力します。これが、キーになります。

伝言を受け取るときは「171」を押して、相手の電話番号を入力することで、録音を聞くことができます。

 

災害用伝言版

災害用伝言ダイヤルと同じような仕組みで、テキストで伝言を残すことができます。

メールで通知を送ることも可能です。

 

 

 

5. 実際に被災された方の体験談を読もう

実際に災害に直面するとどういう問題が起こるのか?を知っておくと、

自分の状況に合わせたプラスの対策がとれるようになります。

 

手軽に体験談を知ることができる手段として、

内閣府の防災情報のページから、「一日前プロジェクト」をご紹介します。

https://www.bousai.go.jp/kyoiku/keigen/ichinitimae/index.html

「一日前」は、「災害の一日前に戻れるとしたら、あなたは何をしますか」という問いかけから来ていて、

ここではさまざまな人の災害の体験談を読むことができます。

 

 

できる限りの対策をしておこう

災害が起きないようにすることはできません。

しかし、日ごろの備えによって、被害を小さくすることはできます。
防災週間を機に、防災について考え、家族で話し合ってみましょう。

記事一覧

関連記事

いま、“大人”に伝えたい! 「小中学校の勉強やり直し」オススメ書籍3選

小中学生の保護者の皆さま、突然ですが、こんな経験はありませんか?       ☑テレビのニュースを見ていたら、答えられない質問を子どもにされた。 ☑子どもの勉強の相手を小学校までしてたけど、中学校に上がって内容がわからなくなった。 ☑生活での疑問や悩みに直面して、「あの頃もっと勉強していれば……」と思わされた。   人生100年時代などと謳われているとおり、現代は子どもだけでなく、大人になっても勉強を続ける時代。 ……というのは言いすぎかもしれませんが、   「わからなかったことが、わかる。」 「自分が、昨日の自分より成長している。」   という感覚は、代えがたい喜びです。 そこで今回は、「大人の皆さんにこそ伝えたい、【学び直し】にぴったりの文理の教材」を(筆者の独断と偏見で)ご紹介したいと思います!       オススメ書籍その1:『わからないをわかるにかえる 中学公民』   中学生向けの超基礎問題集である『わからないをわかるにかえる』シリーズ。 本シリーズは、中1~中3の国語・数学・理科・社会・英語…と多種多様なラインナップがあります。 あえてその中から、「大人の学び直し」に最適な1冊を選ぶなら、「中学公民」をオススメします。   中学の「公民」の授業でどんなことを学習したか、皆さまは覚えていますか? 例えば、以下のような項目を扱います。   ・選挙や政党のしくみ ・家計と消費 ・労働者の権利 ・税金や社会保障のしくみ   ……どれも、大人の私たちからすると、身近な話題ですよね? 正直なところ、筆者が中学生のときは、   「地理、歴史と比べて、公民は暗記ばかりでつまんない」(←失礼)   と思っていました。 しかし、大人になり社会経験を経た今こそ、公民の学習内容は身にしみることが多いです。   △本紙34ページ。つい先日に参議院選挙がありましたが、小選挙区制と比例代表制の違いを身近な人に説明できるでしょうか?   『わからないをわかるにかえる』シリーズは、左ページで解説をし、右ページで問題を解く仕組みになっているので、その名の通り、「わかりやすさ」は折り紙つきです。   △左ページに解説、右ページに問題   右ページの問題の多くは左ページの解説を見ることで解くことができます。 問題を解くことで、一時しのぎでない、ずっと残り続ける「知識」をしっかり定着させられます。   また、同じ『わからないをわかるにかえる』シリーズから、英検対策本も出ています。 勉強でなにか具体的な目標を持ちたい方は、英検合格を目標に本書に取り組んでみてはいかがでしょうか?   △『わからないをわかるにかえる』英検シリーズ。英検受検の目安は、3級で中学卒業程度、2級で高校卒業程度です。詳しくは公式ページをご参照ください。   オススメ書籍その2:『教科書ワーク 技術・家庭(1~3年 全教科書対応)』     『教科書ワーク』は、小中学校の授業の進度と合わせて学習できる準拠教材で、文理の看板商品ともいえるシリーズです。 この教科書ワークに、国語・数学・理科・社会・英語のいずれでもない、実技の銘柄があるのをご存じですか? 現在は「美術」「音楽」「保健体育」「技術・家庭」の4銘柄が出ており、 いずれも学年別でなく、また特定の教科書に紐づかない「全教科書対応」の銘柄です。   中学での実技科目は、高校入試で扱われないためか、どうしても相対的に小さく扱われがちです。 私自身も中学生のときは、   「実技とか、おまけでしょ」(←失礼)   と正直思っていました……。   しかし、実は大人になった今こそ、実技(「美術」「音楽」「保健体育」「技術・家庭」)はお役立ち情報の宝庫なのです! ためしに、『教科書ワーク 技術・家庭』の誌面を少しのぞいてみましょう。     あなたは、下の問題を何問正解できますか?  ※答えはこの記事の末尾にてご案内します!     △57ページ「情報の技術」より。※現在、通信方式は「http」ではなく「https(Hypertext Transfer Protocol Secure)」が主に使われています。     △87ページ「家族・家庭と地域の関わり」より     △101ページ「食品の調理」より     △137ページ「金銭の管理と購入(2)」より   ……いかがでしたか? 誌面をご覧いただくとわかる通り、大人になった私たちから見ると、「技術・家庭」には、   「かゆいところに手が届く~~!」   そんな知識が満載なのです。 今回取り扱った「技術・家庭」だけでなく、「美術」「音楽」「保健体育」など実技の他銘柄にも、大人が身につけていたい教養や、生活の知恵が詰まっています。 この機会に、ぜひ手に取ってみませんか?   オススメ書籍その3:『できるがふえるドリル 小学4年 計算』     最後は、これまでと少し違う趣向の1冊をご紹介します。 たとえば仕事を退職されたり、子育てから手離れをしたりして、   「1日で使える時間にゆとりができた」   という方は、「小学校の計算」をやり直してみませんか? 「小学校の勉強なんて……」と侮るなかれ。 紙面を見てみると、意外とややこしいことを小学生がしていることに気がつくはずです。   △小学4年のわり算。しっかり解ききることができるでしょうか?   小学校の「算数」は、中学で「数学」にステップアップします。 それに伴い、必要とされる考え方が、目に見えるものを扱う具体的な思考から、現実の例に落とし込みづらい抽象的な思考へとだんだん移っていき、だんだんと算数に「ニガテ意識」を持つ子どもが増えていきます。 大人になった皆さまの中にも、   「この辺りから、算数・数学がよくわからなくなったんだよなぁ……」   という方がいるのではないでしょうか。 もし生活で自由に使える時間が増え、新しく何かをはじめようと思った方は、あの頃のニガテ意識を解消する時間をあえて作ってみるのもアリかもしれません。       今回の記事では、「大人の学び直し」に最適な文理の教材として、以下の3つの書籍を取り上げました。   ・『わからないをわかるにかえる 中学公民』 ・『教科書ワーク 技術・家庭(1~3年 全教科書対応)』 ・『できるがふえるドリル 小学4年 計算』   大人の立場になると、自身が持てる時間がどうしても限られてしまいます。 その一方で、「自分が気になったことを好きなだけ勉強できる」のは大人の特権! 今回取り上げた書籍が気になった方は、ぜひ書店に足を運んでみてください。     ★本記事で出題された問題の答えはこちら (アンケートもあるので、よろしければご協力ください)  

環境を整えて集中力UP! リビング学習で成果を上げるには?

小学生の保護者のみなさま、お子さまはお家のどこで勉強していますか? リビングですか? それとも子ども部屋でしょうか?   「家で学習するときの場所」小学生白書2021(学研教育総合研究所)の調査では 小学生の7割以上が、リビングで学習しているそうです。   テレビや雑誌、Webメディアなどでは「リビング学習で学力が上がる」という特集が組まれることがあります。   しかし、勉強場所をリビングにすれば、それだけで成績が上がるわけではありません。 リビングの環境が学習に適していなければ、逆に勉強に集中できない…なんてことも。   そこで、今回はリビング学習を快適にするための、いくつかのアイディアをお伝えします。     なんでリビング学習がいいの? ところで、どうしてリビングが学習によいといわれるのでしょうか?   リビング学習のメリットのひとつは、安心感です。 小学生、とくに低学年のうちは、家族がそばにいたほうが、 安心して学習に取り組むことができます。   また、わからないときに、すぐに家族に質問できることもメリットひとつです。 家族にほめられることで、学習意欲が高まることもあります。 リビングでは、家族とのコミュニケーションが自然と生まれます。 それが子どもの学習を後押しし、学力の向上につながることがあります。     リビング学習の落とし穴 しかし、リビングに家族がいることは、ときに学習の妨げにもなります。 家族の会話や、テレビの音が聞こえるような状態では、勉強に集中することは困難です。   また、そもそもリビングの構造が、学習に適していないお宅の場合もあります。 照明が暗い、換気や空調が悪い、机といすの高さがあっていないという場合は、 子どもの健康に悪影響を与えてしまう危険性があるので、よくありません。   近くに収納がない場合も、学習後の片付けが面倒になり、リビングが散らかってきてしまう原因になります。 散らかった部屋では、子どもは気が散ってしまうので、なかなか勉強に集中できません。       リビングの環境を整えよう! リビング学習で成果をあげるには、まずリビングの環境を整えることが大切です。 その際、以下の点に気を配るとよいでしょう。   1.照明 暗い部屋で勉強すると、子どもの視力が下がってしまいます。 部屋全体が明るく照らされるのが望ましいですが、 リビングの照明が暗い場合は、デスクライトで机を明るく照らしましょう。     2.換気・空調 部屋の二酸化炭素の濃度が上がってくると、集中力が切れてしまいます。 また、リビングダイニングの場合は、 食べ物のにおいがこもることがあるので、ときどき、換気をしましょう。 温度・湿度も集中力に大きく影響するので、快適に保ちましょう。     3.机といす 机といすの高さが合わないと、姿勢が悪くなります。 また、足が床につかず、ぶらぶらした状態では、姿勢が安定しません。 ダイニングテーブルで学習する場合は、座面の高さを変えられるいすや、足置きがついているいすを利用しましょう。       4.収納 勉強道具をしまう収納場所をリビング内に設けましょう。 また、事典、辞書、地図、地球儀などは、子どもが疑問を持ったときに、 すぐに手に取れる位置に置いておくと、自然と主体的に学ぶ姿勢が身につくのでおすすめです。     5.時計 リビングの良く見えるところに、時計があるとよいです。 たとえば、「10分でこの問題を解いてみよう」と約束して、 子どもが課題に取り組んでいる間に、保護者は家事をするという場面がありますよね。   そんなとき、目につくところに時計があるとコミュニケーションがスムーズにいきます。 時計は、デジタル時計よりアナログ時計のほうが、視覚的に時間をとらえられるのでおすすめです。 また、低学年のお子さまには、アナログ時計を見ること自体が、算数の勉強になります。     6.家族の協力 子どもがリビングで学習に集中できるようにするには、家族の協力が不可欠です。 子どもの勉強中はテレビをつけない、大きな声で話さないなど、家族でルールを決めておきましょう。       まとめ 今回は、リビング学習の環境を整えるアイディアを紹介しました。 ただ、リビング学習がお子さまの学習にとって良いかどうかは、 お宅の住宅環境にもよりますし、お子さま自身の性格にもよります。   リビングよりも子ども部屋のほうが、環境が整っているお宅もあるでしょう。 また、誰かがそばにいるよりも、一人のほうが集中できるし、自発的に学習に取り組める子どももいます。   一番大切なのはどこで勉強するかではなく、そこでどれだけ集中できるかです。 お子さまの学力を向上させるためにも、まずは集中できる学習環境を整えましょう。    

気になる! みんなどのくらい勉強してるの?

小中学生のみなさん、学校の授業以外でどのくらい勉強していますか?   その勉強時間は、多いほうだと思いますか? それとも、少ないほうだと思いますか?   ほかの人がどのくらい勉強しているのかは、ちょっと気になりますよね。     ということで、小中学生の勉強時間を調べてみました。   国立教育政策研究所による「令和3年度 全国学力・学習状況調査」の「質問紙調査」では、小中学生の平日および休日の1日当たりの勉強時間が調査されています。 その調査結果を見てみましょう。     平日の勉強時間   学校の授業時間以外に、普段(月曜日から金曜日)、1日当たりどれくらいの時間、勉強をしますか(学習塾で勉強している時間や家庭教師の先生に教わっている時間、インターネットを活用して学ぶ時間も含む)   小学生 小学生では「1時間以上、2時間より少ない」と答えた人の割合が最も多いですね。 2時間以上や3時間以上勉強している人も少なくなく、 1時間以上勉強している人は、全体の約63%を占めています。   中学生   中学生でも「1時間以上、2時間より少ない」と答えた人の割合が最も多いですが、 小学生に比べて「2時間以上、3時間より少ない」と答えた人の割合がぐっと伸びています。 中学生になると、学習時間が増えることがうかがえますね。   休日の勉強時間   土曜日や日曜日など学校が休みの日に、1日当たりどれくらいの時間、勉強をしますか(学習塾で勉強している時間や家庭教師の先生に教わっている時間、インターネットを活用して学ぶ時間も含む)   小学生   まず、学校が休みの日に「まったく勉強しない」という小学生は約10%しかいません。 1時間以上勉強している人は、全体の約61%になります。 土日も平日と変わらず、勉強をしている人が多いことがわかりますね。   中学生   中学生になると、小学校に比べて「2時間以上、3時間より少ない」と答える人と、 「3時間以上、4時間より少ない」と答える人の割合が大きくなります。 平日同様、休日も学習時間が増えていますね。   まとめ あなたの勉強時間は、この調査結果と比べてどうでしたか?  「思ったより、ほかの人はたくさん勉強しているんだなあ」と刺激を受けた人もいるかもしれません。 もしそう思ったなら、これをきっかけに自分の勉強時間を見直してみてはいかがでしょうか?     出典:「令和3年度 全国学力・学習状況調査 報告書」(国立教育政策研究所) (https://www.nier.go.jp/21chousakekkahoukoku/report/question.html) ※グラフは調査結果を加工して作成  

夏休み明けにシャキッとなるためのヒント

楽しかった夏休みが終わってしまいますね。 また、学校が始まる…と思うとゆううつな気分になってしまうもの…。   ああ、また学校が始まる…… 長期の休み明けに、 「なんとなく学校に行きたくない」 「学校に行くのがめんどうくさい」 「勉強のやる気が出ない」 などと感じることは珍しいことではありません。     休み中は比較的自由に、自分のペースで過ごせますが、新学期が始まると集団の生活リズムに合わせなくてはいけなくなるので、ストレスがかかります。 そのギャップが大きいので、学校に行きたくないと感じるのですね。   とくに1年生は、春にこれまでと大きく生活が変わったと思います。 1学期の間は新生活に慣れようと、一生懸命新しい環境に合わせてきたのではないでしょうか? それが夏休みに入って気が緩み、2学期にまた頑張らないとなると、強いストレスを感じてしまうのも無理はありません。   ただ、ゆううつな気分はいつまでも続くものではなく、学校が始まってしまえば意外と楽しく通えることもあります。   そのためには、夏休みの間にずれてしまった生活リズムをもとに戻すことが大事!   そこで今日は生活リズムを整えて、夏休み明けにシャキッとなるためのヒントをお伝えします。   早寝早起きをしよう 夏休みに夜更かしや朝寝坊をしていると、学校がある日に朝、起きるのがつらくなります。 学校が始まる前に就寝時間・起床時間をもとに戻すようにしましょう。   寝る前にテレビやスマホを見ていると、眠れなくなります。 ぐっすり眠るためにも、寝る前のテレビ・ゲーム・スマホはやめましょう。   また、朝起きて太陽の光を浴びると、体内時計がリセットされます。 朝起きたらカーテンを開けて、太陽の光を浴びて1日をスタートさせましょう。     朝ご飯を食べよう 夏休み中に起床時間が遅くなったせいで、朝ご飯を抜く生活をしていた人もいるかもしれません。 朝ご飯には脳にエネルギーを補給し、頭と体を目覚めさせる役割があります。 しっかり食べるようにしましょう。     運動しよう クーラーのきいた部屋から一歩も出ない生活をしていると、体力が落ちて、疲れやすくなっていることがあります。 涼しい時間に外に出て散歩するなどし、軽い運動をして力を取り戻しましょう。 ただし、まだまだ暑いので、水分補給をしっかりして熱中症にならないように気を付けてください。     好きなことをする時間を大切に 好きなことをする時間をもつこともよいことです。 新学期は自分でも気がつかないうちについつい無理をしてストレスをためがち。 そのストレスを解消するには、好きなことをして気晴らしをするのが一番です。 リフレッシュをしたら、きっとまたやる気がわいてきますよ。     無理はしないで 「夏休み明けに学校に行きたくないな」と感じていても、数日通えばまた学校生活のリズムに慣れてきて、楽しく通えるようになることも多いです。   でも、学校が始まる前に「どうしても行きたくない」と強く感じる場合や、数日通っても「どんどん行くのがつらくなる」という場合は注意が必要です。 また、気持ちのうえでは頑張って学校に行こうとしても、お腹が痛くなったり、熱が出たり、頭痛がしたり、眠れなくなったり、食欲がなくなったりと、体の方がSOSを出すこともあります。   そんな時は、無理して学校に行こうとせずに、家族に相談してみましょう。